toplog

コンセプト

人は生まれながらにして旅人です。
私は何故ここにいるのか、
誰もが抱く自分という存在への問い。
連綿と続く過去から未来への自分探しの旅は、
その途上で出会う様々なものとの絆によって
豊かになっていきます。
そんな出会いと絆を感謝しながら
創造空間Lula&Popoでは大きな愛を育んでいきたいと願っています。

オーナー 笹井鳩子

ルラポポとは

太古の時代から現代へ、そして未来へと、 人々は常に模索し新しい何かを生み出してきました。 それはいつの時代も人間の真摯な営みです。 変容していく時代の流れの中で、 次の時代につながるための創造行為を繰り返してきたのだろうと思います。 「私」という個人も未来創造の担い手です。 その個人が出会い、つながりあえたら、 何にもまして素晴らしいことではないでしょうか。 共に体験し、感動を共有しながら。 夢を描きつながりあっていくことで、 創造空間に愛や希望や光に満ちたエネルギーが充満していくことでしょう。 そんなことを思い描きながら 皆様の芸術性溢れるワークやスピリチュアルなイベントなどの集いの場として、 大いにご活用いただけたらと思っています。 勿論ルラポポからも様々な企画を立てて発信していきたいと思います。

光のタネ ルラポポ星のおまつり開催予定!

7月13日(土)、14(日)

ルラポポの学び舎

2階から楽しげな笑い声が聞こえてきます。 美しい音楽も流れてきます。 喜びの天使が踊りだすかのような和やかな時間。 ルラポポの教室には人が笑顔になる秘密の何かがあるようです。 シュタイナーの世界観、人間観などに一歩足を踏み入れてみたり、 精神世界やスピリチュアルな話に耳を傾け 存在の本質に出会う講座も設けます。

ライアー

ライアー教室(グループレッスン)

1回2000円

ライアーレンタル料300円

ライアーを演奏してみませんか

人形

お人形作り教室

1回2000円

材料費別

ひと針ひと針愛情を込めてつくられた世界にたった一つのお人形は、小さな子どもの手に抱きしめられたら嬉しいに違いありません。

団子 土絵

泥団子・土絵教室

1回2000円

材料費1000円

かけがえのない宝もになる、泥だんごや土絵を作ってみませんか。

織物

羊毛クラフト教室

情報なし

情報ありません。

レザー

レザークラフト教室

情報なし

キーケース・財布・ペンケース・バッグなどを作ってみませんか。

ビーズ

ビーズクラフト教室

情報なし

ビーズクラフトを作ってみませんか。

ひょうたん

ひょうたんランプ作り

情報なし

オリジナルの図柄を描き思いのままに穴を開けて作るひょうたんランプ。

ライアー作り

ライアー製作

情報なし

マイライアーを作ってみませんか。(キットはスゥエーデンのアウリス社製です。)

曼荼羅

糸かけ曼荼羅

情報なし

曼荼羅を作ってみませんか。

パステル

パステルアート教室

情報なし

パステルで曼荼羅絵を描いてみませんか。

ブラ

WACCAブラ

情報なし

オリジナルWACCAブラを作ってみませんか。

お店

工事中

創造空間ルラポポ

住所
横浜市戸塚区汲沢2-10-17
アクセス
横浜市営地下鉄ブルーライン 踊場駅下車
1番出口を出て左へ、交番前を左折して徒歩3分
電話
Tel:045-392-8100
Fax:045-392-8101
営業時間
通常10:30~18:00
(月一回 ルラポポ談話室 18:00~20:00 開催日要確認)
定休日
毎日曜, 火曜(第1、2)、金曜(第3、4)変動あり。
お電話でご確認ください。
駐車場
1台のスペースあり(要予約)
ご利用料金
半日(300円)1日(500円)

お問い合わせ

ご質問、資料請求依頼など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

  • TEL. 045-392-8100
  • 【受付時間】 平日8:00〜16:30
    土・日曜、祝日、夏季休暇や年末年始などはお休みをいただいていおります。

の表示がある項目につきましては必ず入力くださいますよう。お願い足します。

お問い合わせの種類

お名前

例)踊場 太郎

フリガナ

例)オドリバ タロウ

メールアドレス

例)lula@sample.jp

電話番号

例)057-33-1234

問い合わせ内容

個人情報の取扱について

当サイトより取得した個人情報は適切に管理いたします。個人情報保護法に定める例外事項を除き、本人の同意を得ることなく第三者に提供、開示しません。

確認ページはございません。ご入力頂いた内容に誤りがないかご確認いただき、チェックを入れてください。

プロフィール

ひらひらと蝶のように舞いながら、
時折、小鳥のようにさえずりながら
蜂が描く無限のフォルムを眺めながら、
くもの巣の美しい模様に心奪われながら、
シュタイナーの壮大な世界観に漂っていました。
ずっと鳴り響く何か、
ものすごく大事な何かを掴み取ろうとカオスと秩序の中で、
上昇と下降を繰り返し、時々立ち止まって一息つくのです。
果てしなく続く生命の営み、一条の光に手を差し伸べられながら。
中央林間にある大和田園幼稚園に6年、
横浜鶴見の橘幼稚園に34年勤務(内28年を園長として、2年を顧問として務める)、
その後、横浜戸塚の踊場に人と人をつなぐ場所として
創造空間Lula&Popoを開業して今日に至る。